水生植物一覧


用語説明

根や葉が水中または水面にある植物。

双子葉植物の特徴

種子から出る子葉は双葉である。
葉脈は網目状である。
根には主根と側根がある。

単子葉植物の特徴

種子から出る子葉は細長い1本の葉である。
葉脈は葉の根元から先まで並行に伸びる。
根は髭根状の側根ばかり。
木質であっても年輪を持たない。

双子葉植物

スイレン科
スイレン 葉は円形に近くて水面に浮かび、夏に5センチぐらいの薄紅色や白、黄色の花を 水面に浮かべる。

ヒツジグサ:日本に自生する スイレン の一種で花は白い。

ハス 葉は円形の逆傘状で中心に葉柄がついていて撥水性があり、 花は桃色で大きく、 蜂の巣状の花托に固い実が十数個埋め込まれた果実ができる。

ジュンサイ 水中で分枝する茎から葉柄が出て丸い葉を水面に浮かべ、紫褐色の小さい花が咲く

ハゴロモモ 茎は水中でよく分枝し、葉は糸状に裂けたものが輪生する。

キンポウゲ科
リュウキンカ 水辺に生え、葉は円心形で大部分根生し、 黄色い花弁状萼片が5枚ある花をつける

エンコウソウ 水辺に生え、丸い葉に深い切れ込みがあり、 花には黄色い花弁状萼片が5枚ある

ミツガシワ科
ミツガシワ 3出複葉の小葉は楕円形で、茎先に白い筒形の花が総状に咲く

アサザ 葉は円形に近くて水面に浮かび、夏に黄色い花が水面より上で咲く

ミソハギ科
ヒシ 3角状の葉が水面に浮き、 白い4弁花が咲き、 角(つの)のある牛の頭骨のような核果ができる

アカバナ科
ミズキンバイ 水辺では茎と楕円形の葉を水上に立ち上がらせ、 水中では葉を水面に浮かせ、 黄色い5弁花を咲かせて、棒状の刮ハをつける

タヌキモ科
イトタヌキモ 糸状で緑色の茎がのび、水中の葉に補虫嚢をもち、立ち上がった花径に黄色い花が咲く

単子葉植物

ウキクサ科
ウキクサ 扁平な広卵形の葉状体を水面に浮かべ、 中央から10本ぐらいの根を水中に垂らす。
オモダカ科
ヘラオモダカ 葉はへら形で、水中から直立する花茎に白い3弁花が多段に輪生する。
サジオモダカ 葉はさじ形で、花茎の枝が多段に輪生し、枝先に白い3弁花が咲く

クワイ 水中に塊根があり、葉は細長い矢じり形で、花茎に白い3弁花が多段に輪生する

ミクリ科
ミクリ 葉の基部は3稜形で、葉腋から出る茎に丸い針山状の花をつけ、 栗のイガのような果実をつける。

クズウコン科
ミズカンナ 水中に生え、カンナのような葉をのばし、 高い花茎の先の総状花序にラベンダーに似た紫色の花を咲かせる。
ミズアオイ科
ホテイアオイ 葉柄の基部がふくれて浮き袋となって漂い、根は水中にのび、 葉は広倒卵形で、花茎の上半部に10前後の花が1日で全部開く。

ミズアオイ 葉は円心形で、葉より高くのびる総状花序に淡青紫色の6弁花が咲く

コナギ 葉は卵心形や披針形で、葉より低い位置で青紫色の6弁花を咲かせる水草

イネ科
アシ 湿地に地下茎で大群落を作り、茎は固い円柱状で節があり、 線形の葉は互生し、先が垂れ、淡紫色の小穂をつけた円錐状の花序を出す

ヨシ: アシ の別名

マコモ 水中から太い茎を直立させ、円錐花序の枝の上部に黄緑色の雌小穂、 下部に紫色の雄小穂をつける

カヤツリグサ科
ウキヤガラ 地中の匐枝で群生し、葉は茎の下半分につき、 茎先から長い苞と長楕円形の小穂のついた短い花序枝を数本だす

カンガレイ 茎には鈍い3稜があり、葉は葉鞘だけに退化し、 茎先の苞の脇に柄のない細長い卵形の小穂がかたまってつき、 小穂ははじめは雌性でのちに雄性となる

サンカクイ 茎はへこみのある三角形で数個の小穂がつき、その先は苞となる

クログアイ 円筒状の花径が直立し、匐枝の先にクワイ状の塊茎がつく

イグサ科
ホソイ 円柱形の細い茎が叢生し、 茎に肋があり、根際が赤みをおびる

サトイモ科
ミズバショウ 湿地に生え、純白の仏炎苞に包まれた円柱状の黄色い肉花穂を立て、 花のあとに花茎の脇から幅広の葉を高くのばす。

ヒメカイウ 湿地に生え、葉は円心形で、白い仏炎苞のある肉花穂に黄色い花がつき、 赤い実がトウモロコシ状に並ぶ

ミズザゼン: ヒメカイウ の別名

ツユクサ科
イボクサ 茎は柔らかく、葉は狭被針形で、 茎先に淡紅色の3弁花をつけ、刮ハができる

総目次へ戻る