ヘラオモダカ

箆面高

単子葉、 オモダカ科、 サジオモダカ属、水草、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:約1メートル
根茎は短くて、浅い水中や湿地に生える。
葉は10〜50センチのへら形の狭長楕円形で、斜め上に開く。
三角柱状で長い花茎が水中から直立し、枝が多段に3輪生して できる総状花序に、直径約1センチの白い3弁花が咲く。 花弁は丸い。
果実は扁平なそう果がリング状に集まった形で、 そう果には背面に溝がある。

識別点: サジオモダカヘラオモダカ
 サジオモダカ:葉がさじ形(葉柄と葉身の区切り明確)。
 ヘラオモダカ:葉がへら形(葉身が葉柄に流れる)。

(2017/5/2)


葉はへら形。(2017/5/19)


(2017/5/2)


花弁は丸い。(2017/5/2)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る