コナギ

小菜葱、子菜葱、小水葱、小水葱

単子葉、 ミズアオイ科、 ミズアオイ属、水草、1年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:10〜40センチ
水田や湿地に生える。 茎は根元で数本に分かれて斜上する。
葉は長さ3〜7センチの厚くて光沢のある心形で、 根生葉では葉柄が長く、 茎葉では葉柄が短い。 葉の形は、披針形、卵状披針形、卵心形と、 いろいろある。
花径は葉より短く、青紫色の花を総状につける。 花被片は6枚あり、半開する。
先のとがった楕円形の刮ハができると、花穂は下向きとなり、 果実が熟すとはじけて、種子が水面に浮かんで散らばる。 種子は寒さに当たってからでないと発芽しない、
稲作に伴って伝播した水田雑草とみられており、 除去がむずかしい。

(2015/9/19)


青紫色の花が葉より低い位置で数個開く。(2015/9/19)


(2015/9/19)


葉は卵心形や卵状披針形など、変異が多い。(2015/9/19)


花序は総状で短い。(2015/9/19)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る