ミツガシワ

三槲、三柏

双子葉、離弁花、 ミツガシワ科、 ミツガシワ属、夏緑、水生、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:約30センチ
寒冷な山あいの湿地などに生える。 水底の土の中にある竹の根のような太い地下茎がのびて、群落を作る。 氷河期の生き残り植物と見られている(天然記念物)。
水中から葉柄の長い3出複葉を出し、 小葉は長さ4〜8センチの楕円形で、鈍頭に近い。 (カシワの葉に似ている。)
葉の展開と同時に、 直立する花茎の先に白い筒形の花が総状に咲く。 花冠は5深裂し、裂片は披針形で、内側に縮れた毛がある。
楕円形の刮ハができ、熟すと2〜3裂して、 直径3ミリ弱の豆のような種子が現れる。

葉は3出複葉。(2016/4/16)


蕾の先は赤く、花弁の内側には毛がある。(2016/4/16)


地下茎から3出複葉と花茎がのびてくる。(2016/4/15)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る