ホテイアオイ

布袋葵

単子葉、 ミズアオイ科、 ホテイアオイ属、水草、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:10〜15センチ
横にのばした枝の先に子株を作ってふえる。
葉柄の基部がふくれて浮き袋となって漂い、 ひげ根が水中に長くのびる。
葉は根元から出て、広倒卵形で厚くて光沢がある。
12〜15センチの花茎が直立し、上半部に10前後の花が総状につき、 1日で全部の花が横向きに開き、翌日には花茎が曲がって水中に沈む。
花は6弁の淡紫色で、上の1つの花びらに黄色い斑点がある。 雄しべ6本のうち、3本が長い。
花後に水中に倒れた茎先に刮ハができることが希にあり、 熟すと裂けて円筒形の種子が水中に出る。
暖地では冬越しできるが、霜のおりる地方では冬になると枯れる。
熱帯アメリカ原産。







葉の基部が膨らんで浮きの役目をする。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る