ウキヤガラ

浮矢柄

単子葉、 カヤツリグサ科、 ウキヤガラ属、水生、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:0.7〜1.5メートル
別名:ヤガラ
地下に丸い根茎のある水生植物で、 匐枝を地中で伸ばして、根塊を数珠つながりに作って群生する。 茎は太くて直立し、3稜がある。
葉は茎の下半分につき、幅0.5〜1センチの線形で、葉鞘がある。
茎先に葉状の長い苞を2〜4枚と、 短い花序枝が3〜8個ある散形花序をだし、 花序枝の先に長楕円形で褐色の小穂を1〜4個つける。 小穂には膜質で細毛のある鱗片がらせん状に並び、 先端から長い芒が出る。 柱頭は白く、雄しべの葯は黄褐色である。
そう果は光沢のある倒卵形で3稜があり、刺し針が6個ある。
冬には枯れて茎が水に浮かぶ(ので浮矢柄)。

(2015/5/6)


(2015/5/6)


茎先から出る2〜4本の長い葉状の苞の間に、褐色の小穂が数個つく。(2016/5/5)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る