ミズカンナ


単子葉、 クズウコン科、 ミズカンナ属(タリア属)、宿根草、水生、夏緑、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:1〜3メートル
水中に生え、長さ50センチぐらいのカンナのような広楕円形の葉をのばす。 全縁で先が尖る。冬は葉が枯れる。
高い花茎の先の総状花序にラベンダーに似た紫色の花を咲かせる。 萼は粉白色をしている。 紫色の花弁のように見えるのは、仮雄しべである。
花柱が湾曲しており、虫が花に潜り込むと、 その刺激で花柱が虫を押さえつけるように突然動いて、 別の花でつけてきた花粉を柱頭につけるそうである。
紫色がかった球形の刮ハをつける。 種子は暗褐色〜黒色で丸い。
北米南部原産。



紫色の花が総状に咲く。萼は粉白色。(2016/9/2)




刮ハは紫がかって丸い。(2015/10/28)




花径は1〜3メートルと高くのびる。(2016/9/2)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る