アシ

葦、蘆

単子葉、 イネ科、 ヨシ属、水生、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:1.5〜3メートル
別名:ヨシ
池や沼、川岸などで、深い地中で横走る根茎の節から上向きの根茎をのばし、 地上茎を作って群生する。根茎は鱗片で覆われる。 地下茎の節からはひげ根が出る。 地上の茎は中空で、葉から取り入れた空気を地下茎や根に運ぶ仕組みも持つ。 汽水でも生育する。 このようにして、乾燥重量で地上部の2倍もの量が地下にあるそうである。
茎は固くて中空の円柱状で直立し、毛はなくて節がある。節は ほとんど肥厚しない。
葉は互生し、長さ20〜50センチ、幅2〜4センチの線形で、 斜上して先が垂れる。 葉舌は2〜3ミリで、葉鞘の端にある葉耳とともに褐色を帯びる。
茎先から15〜40センチの大きな円錐花序を直立させ、花軸から細い枝を何段か 放射状に出し、淡紫色の小穂を密につける。花序の先は少し垂れる。 熟すと小花の基部から出る長毛が白毛となって目立つ。

識別点: ススキオギアシツルヨシ
 ススキ :乾地、丈1〜2米、密に叢生、葉は細くて根元から上向き、中脈白い、小穂毛短く芒長い。
 オギ  :乾湿地、丈1〜2.5米、根茎横に伸び、疎に群生、葉は細くて茎から上向き、中脈白い、小穂毛長く芒微小。
 アシ  :湿地、丈1.5〜3米、根茎地中を走り、疎に群生、葉は幅広で斜上、中脈目立たず、葉鞘は薄緑、。
 ツルヨシ:湿地、丈1.5〜2米、匐枝地表を走り、疎に群生、葉は幅広で斜上、中脈目立たず、葉鞘は先が赤い。




穂は大きく横広がりとなり、小穂は紫褐色を帯びる。(2015/9/20)


水中(地中)にある根茎から茎がまばらに群生する。(2015/5/10)


春。葉はススキより幅広で短く、中脈は目立たない。


夏。


秋。


葉は横向きないし斜上向きとなり、互生する。(2016/10/4)


大きな穂が伸びる。


熟すと穂は褐色になってくる。(2016/10/8)


小花の基部に風で飛ぶための絹毛がつくようになる。(2016/10/8)


細いオタマジャクシのような種子の頭に絹毛がついている。(2017/1/14)




冬枯れ




単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る