カンガレイ

寒枯藺

単子葉、 カヤツリグサ科、 ホタルイ属、水生、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜11月
高さ:0.5〜1.2メートル
沼や河原などに生える。
茎には鈍い3稜があり、濃緑色で、叢生して大きな株をつくる。
葉は葉鞘だけに退化している。
花茎の先に長さ3〜7センチの苞が1枚直立ないし斜上し、その脇に 4〜10個の柄のない卵形の小穂が頭状にかたまってつく。 苞は3稜形なので、直立すると、穂が茎の途中に横向きについて いるように見える。
小穂ははじめは雌性で鱗片の間から2本の白い柱頭をのばす。 柱頭がしおれて褐色になると、葯がのびて小穂は雄性となる。
そう果は扁平な広倒卵形で3稜があり、黒褐色で光沢がある。
冬に枯れたあとも茎が立っている。





単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る