フジテンニンソウ

富士天人草

双子葉、合弁花、 シソ科、 テンニンソウ属、多年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:0.5〜1メートル
よく似た テンニンソウ にくらべ、 花序の直下の葉裏の中脈や花穂に開出毛が多い点が異なる。
おもに、富士山周辺の湿った場所に自生する。
茎は直立し、断面は四角になっている。
葉は先のとがった長楕円形で葉柄があって鋸歯があり、対生する。
茎先に10〜18センチの穂状花序を出し、 黄白色の小さい唇形花を横向きに密生させる。 上唇は2裂し、下唇は3裂し、萼は筒形である。 4本の雄しべと1本の雌しべが毛のように突き出す。 花は下から上へと咲きあがる。
果実は4分果。

蕾状態の花穂は、鱗で覆われたような形をしている。




唇形花が穂状に咲く。(2017/10/3)


(2017/10/3)


雄しべが長く突き出す。(2017/10/3)


葉は対生する。(2016/10/2)


葉は先のとがった長楕円形で鋸歯がある。


果実は4分果。(2015/10/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る