シャペウデコウロ


単子葉、 オモダカ科、 エキノドルス属、水草、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 月〜月
高さ:1.5メートル余り
水中に生える。
長い葉柄が束生し、長さ30〜70センチの先のとがった大きな楕円形の葉がつく。
細い花径を長くのばし、白い4弁花を数個ずつ、間隔をおいてつける。 葯は黄色い。
生薬やハーブとして使われる。
中南米原産。

(2015/7/2)


(2015/9/29)


長い葉柄を持つ葉が束生する。 (2015/9/29)


細長い花茎に頭状の花序が間隔をおいて並ぶ。(2015/7/2)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る