ジュンサイ

蓴菜

双子葉、離弁花、 ハゴロモモ科 または スイレン科 、 ジュンサイ属、水生、夏緑、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜8月
茎や葉柄、葉裏などが寒天質の粘液で覆われて、ぬるぬるする水生植物。 (「蓴」はぬるぬるするという意味) 地下茎は土の中にあるが、茎が分岐しながら水面近くまでのびる。
その茎から葉柄がまばらに互生して、水面に浮かぶ葉をつける。 葉は5〜10センチの円形〜楕円形で、 裏は紫色を帯び、葉柄は葉の真ん中に盾状につく。
水上にのびあがる花径の先に、直径約2センチの紫褐色の花が1つずつ咲く。 花弁、萼片は長楕円形で3枚ずつあるが、 紫褐色で小さいのであまり目立たない。
1つの花で楕円形の果実が数個でき、 中に広楕円形の堅果を含む。 果実は水底に沈み、散発的に発芽するが、 長期間の乾燥にも耐えて何年もしてから発芽するものもある。
葉が丸く広がる前の細長く巻かれた若芽を食用にする。

丸い葉が水面に浮かぶ。(2015/7/2)


水中で分枝する茎から葉柄が出る。(2015/5/6)


(2016/5/5)


葉の芽は細長く巻かれた形で水面に出てくる。(2016/5/5)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る