クワイ

慈姑

単子葉、 オモダカ科、 オモダカ属、水草、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:60〜100センチ
湿地に生える オモダカ の栽培品種で、塊茎がオモダカより2〜3倍大きい。
秋に地中で匐枝を出し、その先に球茎を作って越冬することでふえる。
若い株の葉は線形で水中にあるが、 そのうち、葉柄のある葉が根生し、水中から空中に突き出してくる。 葉身は7〜15センチの細長い矢じり形で、 2つに裂けた後ろ向きの裂片のほうが前向きの頂裂片より長くなる。
花径は直立し、上部の節ごとに3弁の白い花が3輪生する。 花序の上部では中央部に黄色いおしべのある雄花が咲き、 下部では緑色の雌しべが中央部に球形に集まった雌花が咲く。 丸くて白い花弁はすぐ散るが、萼片は残る。
果実はそう果の集合果で、 扁平な倒卵形で3角状の広い翼を持ったそう果が球形に集まり、 その集合果が花径に3輪生する。

(2015/7/2)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る