イネ



単子葉、 イネ科、 イネ属、1年草(元々は多年草)。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:0.9〜1.2メートル
水田で作られる水稲が多いが、畑で作られる陸稲もある。
筒状の茎を多数分けつさせる。
節ごとに線形の葉が互生して直立する。
短日植物であり、日長が短くなり始めると、節間がのびて 花穂を高くのばし、柄を互生させ、花芽を付け出す。 花は穎の外に雄しべを出した緑色の籾のようであり、風媒花であるが、 通常、自家受粉する。 通常のイネには芒がないが、(古代米の)品種によっては芒のあるものがある。
秋に籾に包まれた種子が穂に数十個から100個つく。 実ると穂が垂れる。
ムギと並ぶ重要な食料となる。

葉は直立し受光効率がよい。実った穂は垂れる。


花は目立たない。


雄しべが籾の外に出る。


条件が良いと1本の穂に100粒ぐらいできる。(2015/10/8)


1本が数十本に分けつする。(2015/10/8)


古代米。(2015/7/2)


さまざまな品種がある。(2015/7/2)


晩秋に切り株から出た穂。稔らないうちに枯れる。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る