キジカクシ科


単子葉。 用語説明
単子葉の多年草で、液果や刮ハをつける。
以前はユリ科に含まれていた ギボウシ、ジャノヒゲ、ヤブラン、ツルボなどを含む。

アマドコロ属

アマドコロ 茎には稜があって上部が弓なりにまがり、 葉は被針形で、葉腋に液果が数個垂れ下がり、黒紫色に熟す

ヒメイズイ アマドコロに似ているが、丈が低く、茎が湾曲しないで直立する

ナルコユリ 茎は丸く、上部が弓状にまがり、 葉は被針形で、葉腋に緑白色の筒状の花が1〜5個ずつ垂れ下がる

マルバオウセイ 葉が幅広であること以外はナルコユリとよく似ている

カギクルマバナルコユリ 茎は弓状にまがり、披針形の葉が輪生して先がまがり、 葉腋に緑白色の筒状の花が垂れ下がる

ムスカリ属

ムスカリ 葉は細長く、 立ち上がった花茎から、ブドウの房のように、 青い球形の花がぶらさがる

ツルボ属

ツルボ 葉は線形でやや厚くて柔らかく、2枚根生し、 初秋に花茎の先に淡紅紫色の花を総状に多数つけ、黒い種ができる

サンダイガサ: ツルボ の別名

ユキゲユリ属

チオノドクサ 葉はとがった狭楕円形で、 早春に、茎先に空色で花冠の5深裂した花が数個咲く

ユキゲユリ: チオノドクサ の別名

キオノドクサ: チオノドクサ の別名

ギボウシ属

ギボウシ 半日陰で育ち、幅の広い葉が根生し、 夏に総状花序に淡青色の細長いラッパ形の花をつける

オオバギボウシ: ギボウシ で、葉が18〜30センチと大きい品種

コバギボウシ: ギボウシ で、葉が10〜16センチと小さい品種

オトメギボウシ: ギボウシ で、葉が約10センチと最も小さい品種

ヒメギボウシ: ギボウシ で、葉が最も小さいオトメギボウシの別名

スジギボウシ: ギボウシ で、葉に筋の入った品種

フイリギボウシ: ギボウシ で、葉が斑入りとなっている品種

トウギボウシ: ギボウシ で、葉が粉白色をおびる品種

オーソニガラム属

カイソウ 大きな根茎があり、広披針形の葉が根生し、 白い花が多数総状に咲く

スズラン属

スズラン 先の尖った楕円形の幅広の葉を出し、 花茎に釣鐘状の白い花を総状に並べて下向きにつける

ドイツスズラン: スズラン の外来種で大柄

マイヅルソウ属

マイヅルソウ 先のとがった卵心形の葉を2枚互生させ, 小さな白い6弁花を総状につける

ハラン属

ハラン 先の尖った楕円形で、艶のある大きな葉が群生する

ショウジョウバカマ属

ショウジョウバカマ 葉は広線形で、花茎の先に淡紅色か紫色の花を横向きにつける

ヤブラン属

ヤブラン 葉は根生し、線形で、花茎に淡紫色の花が総状につき、 果実は直径4ミリぐらいの光沢のある黒色

コヤブラン 匐枝でふえ、葉は線形で根生し、 花茎の先に淡紫色の小さな6弁花をまばらにつけ、種子が黒く熟す

ヒメヤブラン 匐枝でふえ、葉は線形で根生し、 花茎の先に淡紫色の小さな6弁花をまばらにつけ、種子が黒く熟す

ジャノヒゲ属

ジャノヒゲ 葉は幅2〜3ミリの線形で、花茎を出して淡紫色の 花を下向きに総状につけ、碧色の種子が露出してつく

リュウノヒゲ: ジャノヒゲ の別名

オオバジャノヒゲ: ジャノヒゲ の変種で、2倍ぐらい大きい

セッコウジャノヒゲ: ジャノヒゲ の一品種で、鎮咳などの生薬として使われる

チャボリュウノヒゲ よく似た ジャノヒゲ にくらべ、それより小さく、草丈は5〜8センチしかない

タマリュウ(玉竜): チャボリュウノヒゲ の別名

ヒメリュウノヒゲ: チャボリュウノヒゲ の別名

ノシラン 葉は線形で厚くてつやがあり、 扁平な花茎に白色〜淡紫色の花が総状に多数咲き、 倒卵形の碧色の液果がつく

ヒアシンス属

ヒアシンス 葉は細長く、 立ち上がった花茎に青紫色の花が穂状に多数咲く

ユーコミス属

ユーコミス 葉は広線形で、 立ち上がる花茎に白色などの6弁花が総状に多数咲く

パイナップルリリー: ユーコミス の別名

アスパラガス属

アスパラガス 春先に出る太い茎を食用にするが、 茎は細かく分枝して松葉状の小枝となリ、葉は鱗片状に 退化し、黄白色の小さい花が咲き、赤く丸い果実をつける

クサスギカズラ属

クサスギカズラ 茎は他の植物によりかかり、葉のように見える葉状枝は線形で、 葉腋に淡黄色の花を数個つける

タチテンモンドウ 茎は直立し、針のような葉状枝が出て繁り、花は咲かない

センネンボク属

センネンボク 直立する幹の上方に、両端の尖った楕円状の葉が互生し、 赤紫色の花が円錐状に咲き、丸い液果が赤く熟す

コルディリネ: センネンボク の別名

単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る