チオノドクサ


単子葉、 キジカクシ科 (以前は ユリ科)、 ユキゲユリ属、球根植物、冬緑、多年草。 用語説明
花期:春 4〜5月
高さ:15〜20センチ
別名:ユキゲユリ(雪解百合)、キオノドクサ
寒さには強いが暑さには弱い高山植物であり、夏は休眠する。 日光を好み、水をやり過ぎると根が腐る。
直径約1.5センチの小さい球根がある。 分球して群生する。
葉は線形〜先のとがった狭楕円形で根際に互生する。
早春のまだ寒い頃、直立する花茎の先に、 空色で先が6深裂する直径2〜4センチの小さい花を数個咲かせる。 中心部分は白く、葯は黄色い。 淡紅色や白い花もある。
刮ハができる。
種子から育てると、花が咲くまで3〜4年かかる。
東地中海沿岸(クレタ島、キプロス、トルコ等)原産

空色で花冠が6深裂した小さい花が咲く。(2016/3/16)


(2017/3/30)


赤褐色の花茎が上方で分枝する。(2017/3/30)


葉は先のとがった狭楕円形で、根際から互生状に生える。(2016/3/16)


分球して群生する。(2016/3/16)


丈は15〜20センチと小さい。(2016/3/16)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る