カイソウ

海葱

単子葉、 ユリ科または キジカクシ科、 オーソニガラム属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:50〜100センチ
肉質の大きな玉葱のような鱗茎(直径15〜30センチ、重さ約2キログラム)を持つ。
葉は広披針形でやや多肉の剣状で、根生し、 秋に出て初夏に枯れる。
葉の枯れたあとに0.5〜1.5メートルの花径を直立させ、 約40センチの総状花序に白い花を多数(50〜100個)つける。 花被片は6枚あり、先がとがる。
花後に広披針形の葉を10枚ぐらい出す。
楕円形の液果のような果実ができ、稜がある。
鱗茎を生薬として使うが、強い毒を持つ。
地中海沿岸原産。

(2015/9/29)


白い花を総状に多数つける。(2015/9/29)


(2015/9/29)


果実は楕円形で稜がある。(2016/9/28)


大きな根茎がある。(2015/9/29)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る