カギクルマバナルコユリ

鉤車葉鳴子百合?

単子葉、 キジカクシ科 (以前は ユリ科)、 アマドコロ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:150〜200センチ
根茎があり、茎は分岐せずに高くのびて、湾曲する。
葉は被針形で輪生し、葉先は鉤状に曲がる。 葉の基部には赤紫色の筋がある。
葉腋から数本の花柄が出て、先が2〜3本に分岐し、 その各々に緑白色の筒状で先の6裂した花が垂れ下がる。 淡紅色の花もある。
球形の液果が黒紫色に熟す。
根茎を黄精という生薬として利用する。

(2017/6/24)


葉は輪生し、先が鉤状に曲がる。(2017/6/24)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る