チャボリュウノヒゲ

矮鶏竜の髭

単子葉、 ユリ科 (新分類ではキジカクシ科)、 ジャノヒゲ属、常緑、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:10〜20センチ
別名:タマリュウ(玉竜)、ヒメリュウノヒゲ
ジャノヒゲ とよく似ているが、草丈が5〜8センチと小さく、 もっと密に繁る。
木陰に生え、匍匐枝で増えて群生する。 根にはところどころにふくらみがある。 寒さにも強く、木陰ばかりでなく、日向でも育つ。 排水性のよい土を好む。
葉は根生し、幅2〜3ミリの線形で、やや光沢がある。
5センチぐらいの花茎の上部に、 直径5ミリぐらいの白い花を下向きに総状につける。 花被片は6枚ある。
(よく似た ヒメヤブラン の花は上向きに咲く。)
花後の12月〜1月ごろ、葉陰に総状にできる直径約7ミリの碧色の玉は、 果実ではなく、 果皮が未発達のために露出した種子であり(花柱の痕であるへそがない)、 よくはずむ。

(2015/6/15)


よく繁るので、グランドカバーに利用される。(2015/6/15)


(2015/12/18)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る