ジャノヒゲ

蛇の髭

単子葉、 ユリ科 (新分類ではキジカクシ科)、 ジャノヒゲ属、常緑、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:10〜20センチ
別名:リュウノヒゲ
木陰に生え、匍匐枝で増えて群生する。 根にはところどころにふくらみがある。
葉は根生し、長さ10〜20センチ、幅2〜3ミリの線形で、やや光沢がある。
やや扁平な7〜15センチの花茎の上部に、白色または淡紫色の 花を下向きに総状につける。花冠は6裂する。
(よく似た ヒメヤブラン の花は上向きに咲く。)
花後に葉陰に総状にできる直径約7ミリの碧色の玉は、果実ではなく、 果皮が未発達のために露出した種子であり(花柱の痕であるへそがない)、 よくはずむ。
オオバジャノヒゲ は、葉も花径もジャノヒゲより2倍ぐらい大きく、 種子がくすんだ灰緑色である点などが異なる。
セッコウジャノヒゲは、鎮咳などの生薬として使われる。



白い花が下向きに咲き、花冠は6裂する。 (2016/6/21)


6本の雄しべが花柱を取り囲む。 (2018/6/24)


種子は碧色。


(2015/11/30)


(2015/12/17)


(2017/12/26)


未熟な実。(2016/10/2)




セッコウジャノヒゲ(生薬として使われる)。(2015/7/2)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る