オオバジャノヒゲ

大葉蛇の髭

単子葉、 キジカクシ科 (以前はユリ科)、 ジャノヒゲ属、常緑、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:15〜30センチ
ジャノヒゲ と似ているが、それに比べ、 葉が2倍ぐらい大きくて厚く、 葉や花径がもっと立上り、 種子が灰緑黒色である点などが異なる。
木陰に生え、匍匐枝で増えて群生する。
葉は根生し、長さ15〜30センチ、幅4〜7ミリの線形で、 やや光沢があり、厚い。
15〜25センチの花茎の先の総状花序に、 白色または淡紫色の花を下向きにつける。花冠は6裂する。
果実は果皮が脱落して種子がむき出しとなったもので、 直径8〜9ミリの球形で、灰色を帯びた暗緑色となり、 花茎からぶら下がる。

(2018/6/19)


白い花が下向きに咲き、花冠は6裂する。 (2018/6/19)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る