ショウジョウバカマ

猩々袴

単子葉、 キジカクシ科 (以前は ユリ科)、 ショウジョウバカマ属、球根植物、多年草。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:10〜20センチ
葉は広線形で滑らかであり、ロゼット状に展開し、厚くて光沢がある。
春さきに出る茎が地面すれすれの状態で蕾をつけ、 その後花茎が10〜20センチまで伸びながら開花し、 淡紅色か紫色、白色の花を総状に数個つける。 花冠は6裂する。 雌性先熟で、雄しべはあとになって出てくる。 咲き終わった花の花被は緑色となり、花後も残る。
花後に花茎は60センチぐらいにのび、とっくり形の分果が3つ 尻を合わせてくっついた果実ができる。熟すと裂開して 糸くずのような細い種子が多数出て、風で飛ぶ。
種子ばかりでなく、葉の先にできる不定芽(2〜3枚の小さい葉と 細い根がある)でもふえる。

これは八重咲き品種。 (2017/3/30)


咲き始めのときはまだ花茎が短い。(2017/3/30)


花糸は花被片よりちょっと長い。これも八重咲き品種。(2017/3/30)


花が開くにつれて花茎がのびる。(2017/3/30)


花径の先に6弁の花が総状に咲く。Photo by H. O. (2005/4/21)


葉は広線形で、ロゼット状に展開する。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る