センネンボク

千年木

単子葉、 キジカクシ科 (またはリュウゼツラン科)、 センネンボク属、常緑、低木。 用語説明
花期:春〜夏 3月〜7月
高さ:1〜3メートル
別名:コルディリネ
多肉質の根茎がある。 灰褐色の細い幹が直立する。
葉は全縁の長楕円形で、両端が尖り、長い葉柄があって、 幹の頂部に短い間隔で互生する。
幹の上端に白や赤紫色の花を円錐状に多数咲かせる。 花冠は6裂し、裂片は反り返る。
球形の液果が赤く熟す。
多くの品種があり、代表的なものとして、 葉に赤紫色の縞のできるアイチアカや、 葉の縁が赤紫色になるレッドエッジ、 丈が低いナナ・コンパクタなどがある。 
中国南部、オーストラリア北部原産。

(2017/1/19)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る