リュウゼツラン科


単子葉。 用語説明

剣状のかたい多肉質の葉が地表近くから束生する。
木本または常緑多年草である。

リュウゼツラン 葉は肉厚の剣状で縁に棘があり、 数十年たつと高い花茎に黄緑色の花を円錐状に咲かせて枯れる

イトラン 葉は多肉の剣形でかたく、若い葉の縁が白い糸状にはげ、 夏に高い花茎を立て、総状花序に釣鐘形の白い花をつける

センジュラン 幹は1本直立し、頂上部に剣状の葉を多数のばし、 茎頂から出る円錐花序に白い花を多数つける

キミガヨラン 葉は肉厚で長く、先が多少垂れ気味となり、 花序は直立し、壺形の白い花を総状に下向きに咲かせる

ユッカ: キミガヨランイトラン など、ユッカ属のランの総称

チトセラン 尖った板のような多肉の葉が束生する観葉植物

サンセベリア: チトセラン の別名

センネンボク 直立する幹の上方に、両端の尖った楕円状の葉が互生し、 赤紫色の花が円錐状に咲き、丸い液果が赤く熟す

コルディリネ: センネンボク の別名

単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る