センジュラン

千寿蘭

単子葉、 リュウゼツラン科、 ユッカ属、多肉植物、常緑、小高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:4〜6メートル
幹は太くて直立し、頂上部に剣状の葉を螺旋状に密生させる。 途中で枝分かれすることもある。
葉は長さ40センチぐらいで、 厚い革質で、縁に細かい鋸歯があり、先は針状に鋭くとがる。
茎頂から長さ30〜60センチの花茎をのばし、円錐花序に緑白色の 釣鐘状の花を多数下向きにつける。
果実は長楕円形の液果で、稜があり、 冬に黒熟する。
北アメリカ南部〜中央アメリカ原産。





単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る