リュウゼツラン

竜舌蘭

単子葉、 リュウゼツラン科、 リュウゼツラン属、多肉植物、常緑、多年草。 用語説明
花期:
高さ:1〜2メートル
茎は太くて短いので、葉は根生しているように見える。 肉厚の剣状で、縁に棘のある大きな葉が多数直立〜斜上する。
葉に白または黄色の縁取りのあるものもある。 斑入りでない(縁取りのない)のは、 アオノリュゼツランと呼ばれる。
開花は60年に1度と言われ、 高さ7〜8メートルの花茎を直立させ、花序枝を多数互生状に出し、 その先に黄緑色の管状の花の総を上向きにつけ、 全体として大きな狭円錐状に数千個の花を咲かせる。 花を咲かせる前に根が横にのびて、小さい子株を作ることもある。
果実は長楕円形の刮ハで、熟すと3つに裂開して、 球をいくつかに縦割りしたような黒い種子が多数出る。
テキーラ酒作りや繊維をとるのに使われる。 葉は固くて何十年も枯れないが、開花結実すると株が枯れるので、 草に分類される。
メキシコ原産。

(2016/10/2)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る