アスパラガス


単子葉、 ユリ科 (新分類ではキジカクシ科)、 多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:1〜2メートル
根茎と太いひげ根がある。 茎は肉質で直立し、細かく分枝して各分枝の先は1〜2センチの 松葉状の小枝となる。
葉のように見えるのは枝が細かく分かれたもので、葉は 茎の節部に三角形の鱗片状に退化してついている。
春先に筆の穂先のような太い茎が出るので、それを食用にする。 グリーンアスパラとホワイトアスパラがある。
雌雄異株で、夏に枝分かれ部に黄白色の小さい釣り鐘形の花が 1〜2輪咲く。
秋に直径7〜8ミリの赤く丸い液果を1〜2個ぶら下げる。
南ヨーロッパ原産。

(2017/5/19)


細長い葉のように見えるのは茎である。(2017/5/19)


葉は茎の分岐部分に薄い鱗片状に退化して付いている。(2017/5/19)





(2016/5/5)


花は小さな釣り鐘形で、先が6裂する(花弁3、萼片3?)。(2017/5/19)


(2017/5/19)


直径7〜8ミリの丸い液果がつく。これはまだ未熟。(2015/7/2)


枝は細かく分枝して松葉状になる。


枝がよく繁る。


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る