マルバオウセイ

丸葉黄精

単子葉、 キジカクシ科 (以前は ユリ科)、 アマドコロ属、球根植物、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:60センチ
葉が先のとがった卵形で幅広であること以外はナルコユリとよく似ている。
海岸などに生えることが多い。
根茎は細長くて、所々にくびれがある。
茎は円柱形で、赤みをおび、上部は弓状に曲がる。
葉は互生し、長卵形で先がとがり、脈が裏面で盛り上がる。
葉腋から花柄が出て、先に緑白色の筒状の花が1〜5個ぶらさがる。
丸い液果ができる。

識別点: アマドコロオオアマドコロナルコユリマルバオウセイホウチャクソウ
 アマドコロ  :筒状花が1〜2個ずつ垂れる、花弁は合着、茎は弓形で丸くて滑らか、節間が長い、葉幅は2〜5センチ、高さ30〜50センチ。
 オオアマドコロ:筒状花が2〜4個ずつ垂れる、花弁は合着、茎は弓形で丸くて滑らか、節間が長い、葉幅は3〜8センチ、高さ60〜100センチ。
 ナルコユリ  :筒状花が1〜5個ずつ垂れる、花弁は合着、茎は弓形で縦筋がある、節間が短い、葉幅は1〜2.5センチ。
 マルバオウセイ:ナルコユリと似ているが、葉が幅広の長卵形で、葉裏で脈が盛り上がる。
 ホウチャクソウ:筒状花が1〜3個ずつ垂れる、花弁は合着しない、茎は分枝、葉幅は1.5〜4センチ。



葉は幅広で互生する。


花が1〜5個ずつ垂れ下がる。(2016/4/29)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る