ナデシコ科


双子葉、離弁花。 用語説明
葉は対生し、分岐した枝の先に花が咲く。 萼片が合着して筒状になったいわゆるナデシコの仲間の他に 萼片が離生した小さい花をつけるハコベの仲間がある。

カワラナデシコ 披針形の葉が対生し、基部は茎を抱き、花びらの先が糸状に裂けている

ナデシコ: カワラナデシコ の別名

ノハラナデシコ

ハマナデシコ

ヒメナデシコ 丈は低く、枝先に先の細裂した多彩な5弁花を次々と咲かせる

ナデシコ・テルスター 丈は低く、常緑で、5枚の花弁の先が細裂した多彩な花を咲かせる

ムギナデシコ 線形〜披針形の葉が対生し、紫桃色で中心が白いものが多い5弁花が咲く

ムギセンノウ: ムギナデシコ の別名

アグロステンマ: ムギナデシコ の別名

ムシトリナデシコ 茎や葉は粉白色を帯び、長い萼筒を持つ薄紅色の花が束になって咲き、 束の下の茎が粘る

ムシトリビランジ 葉は線形で、茎先の総状花序に紅紫色の5弁花をつけ、 花序の下の茎が粘る

ビランジ 葉は披針形で、茎先に淡紅色の5弁花が集散状に咲く

シレネ 葉は卵形で対生し、 枝先に淡紅や白などの花を数輪つけ、 花後に萼筒がふくらむ

レッドキャンピオン: シレネ の別名

フクロナデシコ: シレネ の一種

センノウ 耐寒性宿根草で、全体に細毛が密生し、 葉は広披針形で対生し、初夏に枝先の集散花序に深紅色の花を咲かせる

マツモトセンノウ 葉は広披針形で対生し、初夏に枝先の集散花序に深紅色の花を咲かせ、 センノウより丈が低く、刮ハのできることがある

フランネルソウ 全体が柔らかい白毛で覆われ、花弁は紫紅色で光沢がある

スイセンノウ: フランネルソウの別名

ドウカンソウ 葉は全縁の卵状披針形で、 淡紅色の5弁花が咲き、 5稜のある刮ハができる

サポナリア: ドウカンソウ の別名

スズクサ: ドウカンソウ の別名

エンビセンノウ 葉は披針形で、直立する茎先に深紅色で先の裂けた5弁花が集散状に咲く

ミドリハコベ 茎は緑色、葉は卵形で、 枝先に花弁が深く切れ込んだ白色の5弁花をつけ、花柱は3個

コハコベ 茎は暗紫色を帯び、葉は卵形で、 枝先に花弁が深く切れ込んだ白色の5弁花をつけ、花柱は3個

ハコベ: ミドリハコベ の別名であるが、 コハコベ も単にハコベということもある。

ウシハコベ 葉は先が細くなった卵形で、花は10弁のように見える5弁で、花柱は5個

ナンバンハコベ

ミミナグサ 茎や葉に軟毛と腺毛が多く、葉は卵形〜長楕円形で、 白い5弁花が咲き、茎と萼が暗紫色をおびる

オランダミミナグサ 茎や葉に軟毛と腺毛が多く、葉は卵形〜長楕円形で、 花柄は短く、白い5弁花が密集して咲き、萼は緑色である

ツメクサ 根本から分枝し、葉は線形で厚く、爪のように先がとがり、 葉腋から柄を出し、白い5弁花をつける

オオツメクサ

ウシオツメクサ

ノミノツヅリ 茎はよく分枝して広がり、葉は対生し、 枝先に小さくて白い5弁花をつける

ハマハコベ

ワダソウ

サボンソウ 茎先の集散花序に、萼筒が長く、白〜淡桃色で花冠が5裂した花を咲かせる

双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
総目次へ戻る