ビランジ


双子葉、離弁花、 ナデシコ科、 マンテマ属、常緑、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:10〜30センチ
山岳地帯の岩場などに生える。
茎は細くて直立し、束生することが多い。
葉は披針形で、対生する。 若い茎や葉は暗赤色を帯びる。
茎先に直径約3センチで淡紅色の5弁花が集散状に咲く。 花弁は浅く2裂する。 花柄は長く、萼は円筒状となっている。
長楕円形の刮ハができ、熟すと6裂する。
葉や花柄に軟毛があるが、 軟毛のないオオビランジや、 花が単生するタカネビランジなどの変種もある。

(2017/5/2)


筒形の萼や花柄に軟毛がある。(2017/5/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る