ツメクサ

爪草

双子葉、離弁花、 ナデシコ科、 ツメクサ属、1〜2年草。 用語説明
花期:春〜夏 3月〜7月
高さ:2〜20センチ
茎は根本から放射状に分枝し、這ってから立上り、 上部に腺毛がある。
葉は0.5〜2センチの線形で厚く、爪のように先がとがり、 茎の節に対生する。
葉腋から長い柄を出し、 直径約4ミリの小さい白い5弁花を単生させる。
果実は卵形の朔果で、熟すと5裂する。



小さい5弁の白い花と褐色で卵形の刮ハが見える。






狭い隙間にも生える。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る