ムシトリナデシコ

虫捕り撫子

双子葉、離弁花、 ナデシコ科、 ナデシコ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:30〜60センチ
茎は根もとから数本直立し、上部の葉腋で分枝する。 茎や葉は無毛で粉白色を帯びる。
葉は全縁の長卵形で先がとがり、対生し、茎を抱く。
枝先の散形花序に、長い萼筒を持つ直径葯1センチの薄紅色の 5弁花が咲く。花弁の先は2浅裂する。
花の束の下の茎に粘液が出て粘る広い帯状の部分がある。 虫のよじのぼりを防ぐもののようである。
果実は刮ハで、熟すと0.8ミリぐらいの小さい種がでる。
ヨーロッパ原産。



花序枝は3分枝することを数回繰り返す。(2016/6/4)


葉は長卵形で茎を抱き、対生する。


花の下の茎に粘液が出て粘る褐色の帯状の部分がある。




虫がつかまっている。


蕾。


花。




細長い刮ハができる。(2016/6/4)


茎が根本から数本直立する。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る