コハコベ

小繁縷

双子葉、離弁花、 ナデシコ科、 ハコベ属、1〜2年草。 用語説明
花期:春〜秋 3月〜9月
高さ:10〜20センチ
茎は暗紫色を帯び、やわらかく、よく分枝する。
葉は対生し、卵形で、下部の葉には柄があり、上部の葉には柄がない。
枝先に数個の白い5弁花をつけるが、花弁が深く切れ込んでいるので、 10弁のように見える。花柱は3本ある。 雄しべは3〜5本あり、 まだ花粉を出していない雄しべは赤い葯をつけているが、 白い花粉を出した雄しべは赤くなくなる。 萼片と花弁はほぼ同長で、萼片に腺毛がある。
卵形の刮ハがつく。種子は直径約1ミリで、一面に微細な突起があるが、 突起の先はまるい(ミドリハコベの突起はとがる)。

識別点: ミドリハコベコハコベウシハコベ 
 ミドリハコベ:茎が緑色、葉は1〜2センチの卵形、花柱は3個、雄しべ5〜10本、種子に尖った突起密生。
 コハコベ  :茎は暗紫色、葉は約1センチの卵形、花柱は3個、雄しべ3〜5本、種子の突起尖らず。
 ウシハコベ :茎の節が暗紫色、葉は2〜7センチで縁が波打ち、花柱は5個。

花弁が深く切れ込んでいるので、 10弁のように見える。


花柱が3本ある。(2017/4/2)


まだ赤い雄しべが2本、もう赤くなくなった雄しべが1本見える。(2017/4/2)


雄しべは3〜5本(ミドリハコベでは5〜10本)。(2015/4/12)


雄しべ2本なのでコハコベ。(2017/3/4)


雄しべ3本なのでコハコベ。(2014/3/29)


蕾や萼に毛がある。(2015/4/15)


上部の葉の柄は短い。


下部の葉の柄は少し長い。


茎は暗紫色をおびる。


花のあと果柄は下を向くが、果実が熟すと上を向いて裂開する。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る