ノミノツヅリ

蚤の綴り

双子葉、離弁花、 ナデシコ科、 ノミノツヅリ属、1〜2年草。 用語説明
花期:春〜夏 3月〜6月
高さ:10〜25センチ
秋に芽生え、横這いしたあと、花時に立ち上がる。 節ごとに分枝してよく広がる。 茎はかたく、ごく短い毛がある。
葉は節ごとに対生し、3〜7ミリの小さい広卵形で両面無毛である。
枝先に直径約5ミリの小さくて白い花を数個つける。 花弁も萼片も5枚ある。( ハコベ と違って、花弁の先は裂けない。)
朔果は卵形で、実ると先が6裂し、腎形の種子を出す。
全体に腺毛のあるものをネバリノミノツヅリという。



葉は広卵形で対生し、ハコベと似ている。


花は5弁で、花弁はハコベと違って裂けない。






双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る