オランダミミナグサ

和蘭耳菜草

双子葉、離弁花、 ナデシコ科、 ミミナグサ属、2年草(越年性)。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:10〜60センチ
茎は二叉に分かれながら上に伸び上がり、緑色である(暗紫色をおびるものもある)。 茎や葉に軟毛と腺毛が多い。
葉は卵形〜長楕円形で対生する。霜が降りても枯れないことが多い。
枝先に白い5弁花が集散状にいくつもつくが、花柄が短いので、 密集して咲く。花弁の先は2裂する。花が開いている時間が短く、 芽にするのは閉じているときが多い。
果実は萼につつまれた薄膜質で先が10裂した刮ハである。

識別点:( オランダミミナグサミミナグサ
 オランダミミナグサ:花は密集、花柄の長さが萼片と同じか短い。茎は緑色。
 ミミナグサ    :花はまばら、花柄の長さが萼片より長い。茎と萼片が暗紫色を帯びる。



蕾。(2015/4/15)




葉は卵形〜長楕円形で、軟毛があり、対生する。(2016/2/19)


茎に軟毛がある


花が密集してつく。


花弁の先は2裂する。




全体に軟毛がある。


茎が暗紫色を帯びているが、萼片は緑で花柄も短いので、ミミナグサでなく、オランダミミナグサ。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る