マツ科


裸子植物。針葉樹。高木。 用語説明

針の形の葉が葉柄なしで枝につく。
実は木質の松かさを構成する。
種子には翼のあるものが多い。
大量の花粉を風でとばすものが多い。

針のような葉 荒々しい幹 松かさ

個別説明


アカマツ 葉はクロマツより細い。 幹が赤みを帯びる。 葉が2本に分かれる(いわゆる松葉)。

メマツ: アカマツ の別名

クロマツ 葉はアカマツより太い。 幹が黒みを帯びる。 幹に亀甲形の割れ目ができる。 葉が2本に分かれる(いわゆる松葉)。

ゴヨウマツ 樹皮は赤褐色で浅くひび割れし、葉は5本ずつ束生する。 幹の皮がアカマツやクロマツより薄い。

チョウセンゴヨウ 樹皮は灰褐色で、葉は5本ずつ束生し、 球果は卵形で、枝先に対になってつくことが多く、 種子は角の丸い三角形で、翼がなく、食用になる

ヒマラヤゴヨウ 葉は長く、5本1束になって垂れ下がり、 長さ10〜40センチの大きな球果をつける

カラマツ 葉は2〜3センチと短くて柔らかく、秋に黄葉となって落葉する。

フジマツ: カラマツ の別名

ニッコウマツ: カラマツ の別名

ダイオウショウ 葉は3本が束になって生え、長さが40センチぐらいある。

タカネゴヨウ 長い葉が5本ずつ束になって生え、細長い大きな松笠ができる

シロマツ 樹皮はなめらかでうすくはげ、まだらの灰白色となる

モミ 幹は直立して枝を水平に張る。 樹冠は円錐形になる。 幹は暗灰白色。 葉が2本に分かれず、短い。

ハリモミ 樹冠は円錐形になり、幹は灰褐色で樹皮は不規則な鱗片状にはがれる。 葉は針形で断面は菱形であり、密に互生し、かたい。

トウヒ 葉が2本に分かれず、短い。 エゾマツの近種。

ドイツトウヒ 樹皮は褐色で、葉は短く断面は菱形で、下枝にも葉があり、 長い円柱状の球果が下向きにつく

オウシュウトウヒ: ドイツトウヒ の別名

ヒメバラモミ 幹は灰褐色で、樹形は円錐形になり、 葉は短く、断面は菱形で、球果は小さい長楕円形

ユサン 樹皮は暗褐色で、葉は光沢があってしなやかで、 大きな赤褐色の球果をつけ、材は油成分を多く含む

アブラスギ: ユサン の別名

ヒマラヤスギ 葉が2本に分かれず、短い。スギという名がついているがマツの一種。 樹形は円錐形になる。 初夏に白緑色の大きな松かさができ、熟すと、他のマツのように そのまま落ちるのではなく、バラバラになって落ちる。
アトラスシーダー 樹形は円錐形で、 葉は白みを帯びた青緑色で、太くて短く、 球果は樽形で上向きにつく

ハイマツ

シラビソ

トドマツ

ツガ

裸子植物へ戻る
総目次へ戻る