モミ



裸子植物、 マツ科、 モミ属、常緑、針葉樹、高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:30メートル
幹は直立して枝を水平に張り、樹冠は円錐形になる。 幹は暗灰白色でおおむね平滑であるが、薄片状に薄く割れることもあり、 枝は太く、葉痕が丸く残る。
葉は1〜3.5センチのやや扁平な針形で、2本ずつの束にならず、 1本ずつ密に互生する場合が多いが、 日当たりのよい枝では密に螺旋状に並ぶ。 裏面中脈の両側に白い気孔帯があり、若木では葉先が2つに浅裂する。
開花は3年に1度ぐらいで、5月頃に若枝の葉腋に 淡褐色の雄花が長楕円形の花序をつくって一斉に開き、花粉を飛ばす。 雌花序は前年枝に上向きにつき、 長さ6〜10センチの淡黄緑色の楕円形であり、苞鱗が螺旋状に並ぶ。
果実はくすんだ緑色の円柱形で、長さが6〜10センチあり、 苞鱗が螺旋状にならんだ球果である。 10月に球果が熟すとバラバラになって、 長い翼のついた種子を飛ばす。

識別点: カヤイヌガヤモミ
 カヤ  :葉がかたく先を触ると痛い。葉先は割れない。高さ25メートル。
 イヌガヤ:葉が柔らかく先を触っても痛くない。高さ10メートル。
 モミ  :葉先が割れている。



樹皮は灰白色。




葉先が2つに裂ける。


葉裏に白い気孔がある。





雄花序は淡褐色の長楕円形で葉腋からぶら下がる。(2015/4/26)


ウラジロモミ


ウラジロモミの葉裏


ヨーロッパモミ


ヨーロッパモミの葉裏


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る