イヌガヤ

犬榧

裸子植物、 イヌガヤ科、 イヌガヤ属、常緑、針葉樹、中高木。 、用語説明
花期:春 3〜4月
高さ:10メートル
樹皮は暗褐色で短冊状にはがれる。
扁平な針状の葉が左右2列に並んで生え、 カヤ と違って触っても痛くない。 裏面に白い気孔帯が2本ある。
雌雄異株。雄花は淡黄色で前年枝の葉腋に頭状にかたまってつく。 雌花は淡緑色で枝先に数個つく。
果実は短い柄を持ち、丸く、9〜10月に紅紫色に熟し、外果皮は肉厚で食べることができる。

識別点: カヤイヌガヤモミ
 カヤ  :葉がかたく先を触ると痛い。葉先は割れない。高さ25メートル。
 イヌカヤ:葉が柔らかく先を触っても痛くない。高さ10メートル。
 モミ  :葉先が割れている。



扁平な針状の葉が枝の左右に並ぶ。枝は対称的に出る。(2015/10/28)




葉裏に白い気孔帯が2本ある。


種子は卵形で、翌年の秋に紅紫色に熟す。(2015/5/10)


樹皮は暗褐色で縦に裂け、短冊状にはがれる。(2015/5/10)


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る