カヤ



裸子植物、 イチイ科、 カヤ属、常緑、針葉樹、高木。 用語説明
花期:春 4〜5月
高さ:25メートル
幹は直立し、樹形は幅の広い円錐形になり、枝は対生し、側枝は三叉状に伸びる。 若枝の樹皮は青白色〜緑色でなめらかであり、 幹や太枝の樹皮は灰白色〜灰褐色で、縦にひび割れる。
葉は線形で、断面は扁平であり、先が鋭くとがり、水平に2列に並ぶ。 光沢があり、ややかたい。
雌雄異株であり、花は楕円体で、雄花は黄色で前年の葉腋につき、雌花は緑色で新枝基部の葉腋につく。
果実は楕円体の核果状で、種子が緑色の仮種皮に包まれており、翌年の9月に熟して紫褐色となり、仮種皮が裂けて落下する。 種子は炒ると食べられる。絞ると油がとれる。
成長は遅いが寿命が長く、耐陰性があり、大木となる。 材は淡黄色で光沢があり、緻密で、碁盤や将棋盤、細工物に使われる。

識別点: カヤイヌガヤモミ
 カヤ  :葉がかたく先を触ると痛い。葉先は割れない。高さ25メートル。
 イヌカヤ:葉が柔らかく先を触っても痛くない。高さ10メートル。
 モミ  :葉先が割れている。



小枝が三つ叉状に分かれる。(2016/11/26)




新葉の芽吹き。(2015/6/1)


裏面には白い気孔帯が2本ある。


雌花?


雄花


楕円形の果実ができる。




枝が輪生状に出る。(2016/11/26)


大木になる。


樹皮は灰白色。


樹皮は薄く細くはがれる。


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る