アトラスシーダー


裸子植物、 マツ科、 ヒマラヤスギ属、常緑、針葉樹、高木。 用語説明
花期:夏 8月頃r> 高さ:20〜30メートル
乾燥には強いが暑さや寒さの厳しいところ、過湿地は好まない。
樹皮は灰褐色で縦に細かくひび割れる。 枝は斜め上〜横にのび、樹形は円錐形となる。
葉は白みを帯びた青緑色の針形で、束生し、太くて短い。
花は淡褐色の長楕円形の穂状で、枝先につく。
球果は淡褐色の樽形の松かさで、 長さ約5センチで枝先に直立する。 熟すと鱗片がバラバラになって落ちる。
北アフリカのアトラス山地原産で、レバノン杉に似ている。



葉の近接像


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る