シロマツ

白松

裸子植物、 マツ科、 マツ属、常緑、針葉樹、高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:30メートル
別名:ハクショウ
幹は直立し、 樹皮はなめらかでうすくはげ、まだらの灰白色となる。
葉は5〜10センチで、3本ずつ組になって生える。
雄花は淡黄緑色の小さい長楕円形で枝の下半部につき、 雌花は楕円形で枝先につく。 雌雄同株。
球果は6センチぐらいの卵形をしている。
小さい栗のような種子がある。



幹は薄緑と灰褐色、黄褐色の斑模様となる。


葉は3本ずつ生える。(2017/4/22)




雄花は淡褐色で長楕円形。(2017/5/6)


花期の終わる頃に新枝が長くのび始める。 (2018/5/19)




幹は太くて直立する。 (2018/1/7)


常緑高木である。 (2018/1/7)


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る