ヒマラヤゴヨウ

ヒマラヤ五葉

裸子植物、 マツ科、 マツ属、常緑、針葉樹、高木。 用語説明
花期:春 5月
高さ:30メートル
幹は直立し、灰褐色で縦の割れ目がある。
葉は枝先に螺旋状に密生し、10〜40センチと長く柔らかで、白みを帯び、5本1束になって垂れ下がる。
雌花序は淡黄緑色で単生し、 雄花花序は淡褐色の楕円形で群生する。
雌花は翌年の秋に長さ10〜40センチぐらいの 細長い淡褐色で下向き円錐形の球果となり、枝の途中から垂れ下がる。

(2009/9/17)


葉は細長く垂れ下がる。 (2009/4/8)


(2009/9/17)


葉は1カ所から通常5本出るが、2本のこともある。 (2018/1/7)


細長くて大きい球果が垂れ下がる。(2009/9/17)


東京小石川植物園での球果。(2017/9/21)


幹には縦の割れ目がはいる。(2009/4/8)


枝は横張りとなる。 (2018/1/7)


裸子植物-目次へ戻る
総目次へ戻る