クワ科


双子葉、離弁花。 用語説明
葉は互生が多く、葉身が3〜5裂するものが多い。
雌花序、雄花序があり、穂状花序または頭状花序を作る。
多くのそう果が集まって、クワ状果またはイチジク状果をつける。
木本が多いが草本もある。

木本

マグワ 葉は大きい切れこみのあることの多いハート形で鋸歯があり、 雌花の花柱は短く、 小さい液果が集まった楕円形の果実がなる

クワ: マグワ のことを単にクワということが多いが、ヤマグワをクワということもある

ヤマグワ 葉は大きい切れこみのあることの多いハート形で鋸歯があり、 先が尾状にとがり、 雌花の花柱は長く、 小さい液果が集まった楕円形の果実がなる

ケグワ 葉は尖った円心形で3〜5裂することもあり、 マグワ に似ているが、葉柄や葉裏の脈上などに毛が密生する

ノグワ: ケグワ の別名

ヒメコウゾ 葉は先のとがった卵円形で、春に葉腋に球形の雄花序と毛の生えた雌花序をつけ、 初夏に小さい液果が多数集まった球形の赤い果実をつける低木

コウゾ 葉はゆがんだ卵形で、春に葉腋に球形の雄花序と毛の生えた雌花序をつけるが ほとんど結実しない

カジノキ 葉はゆがんだ卵形で、切れ込みのなあるものもないものもあり、 長い円筒状の雄花序が垂れ下がるか、 球形で毛ののびた雌花序がつき、丸くて赤い集合果がつく

ハリグワ 葉腋に鋭い棘があリ、葉は卵形で先がとがって裏面に微毛があり、 葉腋に球形の花序がつき、直径2〜3センチの集合果が秋に赤く熟す

イチジク 初夏に小さいイチジク状の花嚢をつけ、それが大きくなって秋に黒紫色に熟す

イヌビワ 初夏に小さいイチジク状の花嚢をつけるが、あまり大きくならないままで秋に黒紫色に熟す

イタビ: イヌビワ の別名

ホソバイヌビワ イヌビワにくらべ、葉が細長く、幅が半分以下しかない

インドボダイジュ 幹は灰褐色で平滑であり、 葉は卵心形で先が細長く尖る

インドゴムノキ 葉は楕円形で厚く、光沢があり、樹皮を傷つけると乳液が出る

パンノキ 葉は大きな掌状に裂け、ツブツブに覆われた楕円形の果実ができる

草本

クワクサ 茎や葉に細かな毛があり、鋸歯のある先のとがった卵形の葉が互生し、 葉腋に多数の雄花と雌花が混じってかたまってつき、暗紫色にみえる

つる性

カナムグラ 茎や葉柄に下向きの棘があって木や草に覆い被さり、 葉は粗い毛があって掌状に5〜7裂し、 果実は紫褐色で先が反り返った苞に包まれる

カラハナソウ つるで他の植物にからみ、葉は広卵形で、 雌雄異株で、雌花が変化した花穂は、閉じた松笠のような卵円形である

セイヨウカラハナソウ 葉は広卵形で3〜5裂し、 果実は淡緑色の閉じた松笠のようで、ビールの苦味成分などに使われる

ホップ: セイヨウカラハナソウ の別名

イタビカズラ

ヒメイタビ

オオイタビ 枝から気根を出して岩や木に張り付き、 葉は楕円形で厚く、葉裏は灰白色で、 イチジク型の果実(雌花嚢)が秋に紫色に熟す

双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
総目次へ戻る