セイヨウカラハナソウ

西洋唐花草

双子葉、離弁花、 アサ科 (以前はクワ科)、 カラハナソウ属、つる性、夏緑、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
別名:ホップ
根は10〜30年生きている。
10メートル以上のびる細いつるで他の植物にからむ。 葉は広卵形で3〜5裂するものが多く、あらい鋸歯があり、 托葉がある。
雌雄異株で、雄花穂はつるの先に円錐状に垂れ下がり、 雌花は葉腋から出る花柄に毛玉状になってつく。 雌花が変化した花穂は、2〜3センチの閉じた松笠のような卵円形で、 毬花と言われ、葉腋から短い果柄で垂れ下がる。雄花も雌花も淡緑色である。 熟した毬花の苞の付け根に、ルプリンと呼ばれる黄色い顆粒がつき、 苦味のもととなる樹脂と芳香のある香油が含まれる。
果実はそう果で、熟した毬花の中に含まれている。
雌株の毬花はビールに利用する。 北海道の一部に自生する。

識別点: カラハナソウセイヨウカラハナソウ
外見はほとんど同じであるが、熟した毬花の苞の内側にある腺で区別できる。
 カラハナソウ    :苞の内側にある腺が少なく、苦みが少ない。
 セイヨウカラハナソウ:苞の内側に黄色い腺が密生し、苦みが強い。

(2017/10/18)


卵円形の松笠のような果実がぶらさがる。(2015/9/29)


つるが長くのびて巻き付き、葉は広卵形で、3〜5裂するものが多い。(2015/5/6)


葉には鋸歯があり、托葉がある。(2015/5/6)


切れこみのない葉もある。(2015/7/2)


雄花序は葉腋から円錐状に垂れ下がり、小花は下向きに咲く。(2015/9/29)


雌花序は毛玉状で淡緑色。(2016/7/27)




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る