インドボダイジュ

印度菩提樹

双子葉、離弁花、クワ科、 イチジク属、常緑、高木。 用語説明
花期:初夏 月〜月
高さ:20メートル
熱帯〜亜熱帯植物であるが、 関東以南の暖かい地方では露地植えで育つこともある。
根は岩や他の樹木などにしっかり絡む。幹は灰褐色で平滑である。
葉は卵心形で、先が細長く尖り、葉柄が長くて、互生する。
若枝の葉腋に、直径1センチぐらいの小さな花嚢をつける。 その形は イチジク の花嚢に似ている。
果実は偏球形の果嚢で、黒紫色に熟し、 長さ1ミリあまりの半月形で淡褐色の翼のある種子を含む。
ボダイジュシナノキ科 で、葉の形が少し似ているだけで、 本種とは類似性が少ない。
インドや東南アジアに自生する。

(2018/10/20)


葉は卵心形で、先が細長く尖る。 (2018/10/20)


幹は灰褐色で平滑である。 (2018/10/20)


多数の根が出て、岩や他の木などにしっかり絡む。 (2018/10/20)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る