パンノキ


双子葉、離弁花、クワ科、 パンノキ属、常緑、高木。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:約15メートル
幹は直立し、樹皮は淡褐色で平滑である。
葉は大きな掌状で、7〜9裂し、 長い葉柄があって、互生する。
花には雄花と雌花があり、同一の木の葉腋や枝先に咲く。 雌花序は突起に覆われた球状であり、 雄花序は黄色くて湾曲した棒状である。
果実は長さ10〜30センチの大きな楕円形で、 表面にツブツブがあり、黄褐色である。 澱粉や蛋白質を含んでいて、蒸し焼きなどにして食べる。
幹を傷つけると、ゴム質の白い乳液が出る。
ポリネシア原産。

(2017/1/19)


幹は直立し、樹皮は淡褐色で平滑。(2017/1/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る