カジノキ

梶の木、楮の木

双子葉、離弁花、 クワ科、 コウゾ属、落葉、中高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:4〜10メートル
樹皮は灰褐色で黄褐色の皮目がある。
葉は互生し、葉身は10〜20センチのゆがんだ卵形で、3〜5深裂するものや 切れ込みのないものなどがあり、鈍鋸歯がある。 表には短毛が散生し、裏には軟毛が密生する。
雌雄異株で、雄花序も雌花序も新枝の葉腋に1個ずつつく。 雄花序は長さ3〜9センチの円筒状で淡緑色であり、長く垂れ下がる。 雌花序は直径約1センチの球形で、赤みを帯びた糸状の花柱がのびて、 毛玉のようになる。
丸くて赤い集合果がつく。熟すと食べることができる。
和紙を作るのに使われた。

類似した植物 マグワ ヤマグワ ケグワ ヒメコウゾコウゾカジノキ の区別:
識別点:
 マグワ  : 雌雄異株、花柱が短い、雄花序4〜7センチ、楕円形の総状集合果が黒くなる、高木
 ヤマグワ : 雌雄異株、花柱が長く二又、雄花序2センチ弱、葉先が尾状に尖る、楕円形の総状集合果が黒くなる、高木
 ケグワ  : 雌雄異株、花柱が短い、雄花序約2センチ、葉裏脈上や葉柄に毛が密生、楕円形の総状集合果が黒くなる、高木
 ヒメコウゾ: 雌雄同株、雌花序毛玉状、雄花序球形、球形集合果が赤くなる、冬芽が枝に圧着、低木
 コウゾ  :雌雄異株、雌花序毛玉状、雄花序楕円形、実がほとんどならない、低木
 カジノキ :雌雄異株、雌花序毛玉状、雄花序3〜9センチの円柱状、球形集合果が赤くなる、高木

雄花序は円柱形で垂れ下がる。


雄花序。(2015/5/6)


葉は3〜5深裂するものや切れ込みのないものなどがある。




(2015/5/6)


幹は灰褐色で皮目がある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る