ヒメコウゾ

姫楮

双子葉、離弁花、 クワ科、 コウゾ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:2〜5メートル
樹皮は褐色で狭楕円形の皮目がある。
葉は互生し、葉身は4〜10センチでゆがんだ卵円形で、 鈍鋸歯があり、先がとがり、短毛が散生する。 切れこみのあるいもの、ないもの、深いもの、浅いものなど、 同じ木でも葉の形は様々である。
雌雄同株で、春に新枝の上部の葉腋に毛玉のように赤紫色の花柱がのびた 雌花序をつけ、新枝の基部の葉腋から球形の雄花序をぶらさげる。 花弁は(退化して?)見えない。
初夏に小さい液果が多数集まった球状の赤い集合果をつける。 それは甘いが舌触りがあまりよくない。
樹皮中の繊維は強い。 和紙の原料となるコウゾは、ヒメコウゾと カジノキ を交配したものである。

類似した植物 マグワ ヤマグワ ケグワ ヒメコウゾコウゾカジノキ の区別:
識別点:
 マグワ  : 雌雄異株、花柱が短い、雄花序4〜7センチ、楕円形の総状集合果が黒くなる、高木
 ヤマグワ : 雌雄異株、花柱が長く二又、雄花序2センチ弱、葉先が尾状に尖る、楕円形の総状集合果が黒くなる、高木
 ケグワ  : 雌雄異株、花柱が短い、雄花序約2センチ、葉裏脈上や葉柄に毛が密生、楕円形の総状集合果が黒くなる、高木
 ヒメコウゾ: 雌雄同株、雌花序毛玉状、雄花序球形、球形集合果が赤くなる、冬芽が枝に圧着、低木
 コウゾ  :雌雄異株、雌花序毛玉状、雄花序楕円形、実がほとんどならない、低木
 カジノキ :雌雄異株、雌花序毛玉状、雄花序3〜9センチの円柱状、球形集合果が赤くなる、高木

毛玉のようなのは雌花序で、球状のは雄花序(葯が白い)。


雌花序(赤い毛は花柱)。


球状のは雄花序。




果実は球形の集合果。




葉はゆがんだ卵形で鋸歯がある。


葉先は尾状にとがる。(2016/5/7)


樹皮は褐色。(2015/5/16)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る