マグワ

真桑

双子葉、離弁花、 クワ科、 クワ属、落葉、高木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:10〜15メートル(通常は刈り込まれて小さい)
別名:クワ
樹皮は灰褐色で縦の筋がある。
葉は互生し、 葉身は広卵形で、大きい切れ込みが1〜2個はいることが多く、 薄くてつやがあり、鋸歯がある。 葉の先端はヤマグワのようには長くのびない。
雌雄異株で、本年枝の葉腋に1つずつ黄緑色を帯びた花序がつく。 雄花序は長さ4〜7センチの円筒形で総状に垂れ下がる。 雌花序は長さ5〜10ミリと短く、雌花の柱頭はきわめて短い。 花弁はない。
果実は小さい球形の液果が集まって楕円形の集合果になり、 熟れると濃紫色〜黒色になる。食べることができる。
成長が早く、絹をとる蚕の餌になる。

類似した植物 マグワ ヤマグワ ケグワ ヒメコウゾコウゾカジノキ の区別:
識別点:
 マグワ  : 雌雄異株、花柱が短い、雄花序4〜7センチ、楕円形の総状集合果が黒くなる、高木
 ヤマグワ : 雌雄異株、花柱が長く二又、雄花序2センチ弱、葉先が尾状に尖る、楕円形の総状集合果が黒くなる、高木
 ケグワ  : 雌雄異株、花柱が短い、雄花序約2センチ、葉裏脈上や葉柄に毛が密生、楕円形の総状集合果が黒くなる、高木
 ヒメコウゾ: 雌雄同株、雌花序毛玉状、雄花序球形、球形集合果が赤くなる、冬芽が枝に圧着、低木
 コウゾ  :雌雄異株、雌花序毛玉状、雄花序楕円形、実がほとんどならない、低木
 カジノキ :雌雄異株、雌花序毛玉状、雄花序3〜9センチの円柱状、球形集合果が赤くなる、高木

残存花柱は短い。(2015/6/13)


果実は集合果。


熟すと黒くなる。


葉は広卵形。ヤマグワにくらべ、尾状に尖る葉や切れ込みの深い葉は少ない。(2015/5/6)


葉の切れ込みの形は同じ木でも変異がある。


葉脈が葉裏に隆起する。(2016/5/7)


雄花序は4〜7センチと長く、垂れ下がる。








樹皮は灰褐色で縦筋がある。若芽がたくさん出て成長が早い。(2015/5/6)


葉を傷つけると虫の嫌う乳液が出る(カイコ以外はあまり食べない)。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る