カナムグラ

鉄葎

双子葉、離弁花、 クワ科、 (最近はアサ科に分類)、カラハナソウ属、つる性、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
茎や葉柄に下向きの棘があって、木や草にからんで覆い被さり、 素手で触ると痛い。
葉は対生し、5〜12センチあって、掌状に5〜7深裂して鋸歯があり、 粗い毛があってざらつく。
雌雄異株で、雄花は葉腋から上向きに出る短い枝の先に、 まばらな円錐状について、淡緑色である。 雌花は葉腋からでる下向きの短い穂状花序につき、 その苞ははじめは緑色で濃紫色の斑紋があるが、 果期には全体が紫褐色になって先が反り返る。
果実はそう果で花被に包まれている。 種子はレンズ状で固い。

雄花の円錐花序。


旺盛に繁茂して他の植物に覆い被さる。(雄株) (2017/10/18)


雌株。 (2012/10/4)


雌花。


蕾。 (2017/10/18)


果柄に短い棘がある。


茎にも葉柄にも棘がある。 (2015/10/3)


若い果実。(2015/10/3)


果実は濃紫色になった苞で覆われている。


種子はレンズ状で固い。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る